【カープ】対セリーグ|マツダスタジアム通算成績(2019年終了時点)

 

こんにちは、鎧谷つかさ@B5pKUteU1CYpJBMです。

 

2009年にマツダスタジアムがオープンして、11年目のシーズンが終了しましたね。

メジャーリーグの球場彷彿とさせる、内野の天然芝は本当に美しいです。

そんな中、マツダスタジアムでのセリーグ球団との通算対戦成績が気になって調べてみました。

どのチームと相性が良いのか?

相性の悪いチームはどこなのか?

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

通算成績(対セリーグのみ)

順位
2009年 5位 22 36 1 0.379
2010年 5位 30 39 0 0.435
2011年 5位 27 29 3 0.482
2012年 4位 26 25 5 0.510
2013年 3位 27 32 1 0.458
2014年 3位 34 22 1 0.607
2015年 4位 32 24 1 0.571
2016年 優勝 43 19 0 0.694
2017年 優勝 43 17 1 0.717
2018年 優勝 39 21 2 0.650
2019年 4位 36 24 1 0.600
通算 359 288 16 0.555

 

オープンして3年間は、負け越しています。

この時期は入場者数も今より少なく、15年連続Bクラスの真っ最中で成績も低迷していました。

2014年以降は、大きく勝ち越しています。

その成果もあって、翌2015年には2,110,266人の観客動員数を記録。球団初の年間200万人を突破しました。

 

他球団の選手が『異様な雰囲気』と口を揃える、カープファンが作り出すマツダスタジアムムード。

マツダスタジアムの苦手意識や『逆転のカープ』と言われた発端は、勝率や観客動員数から読み解くに、2014~2015年頃が転機となっているんですね。

2017年の勝率.717は、驚異の数字です!

オープン直後は、あまり良い成績ではありませんでしたが、11年間の通算勝率.555は十分高い料率といえます。

球団別成績

続いては、各球団に分けて成績を見ていきましょう!

 

巨人

2009年 4 7 1 0.364
2010年 4 11 0 0.267
2011年 4 7 1 0.364
2012年 6 5 1 0.545
2013年 5 6 1 0.455
2014年 6 6 0 0.500
2015年 9 4 0 0.692
2016年 7 5 0 0.583
2017年 8 4 0 0.667
2018年 9 2 1 0.818
2019年 7 4 1 0.636
通算 69 61 6 0.531

 

セリーグ5球団の中で、巨人戦が一番苦戦していました。

ここ数年は、巨人戦の苦手意識を払拭しましたが、オープン後3年はカモにされていした・・・

ラミレス、小笠原、坂本、阿部選手などにメチャクチャ打たれた記憶がよみがえります。(頭が痛い・・・)

近年は、5年連続で勝ち越しています!

 

DeNA

2009年 5 7 0 0.417
2010年 10 4 0 0.714
2011年 8 4 0 0.667
2012年 7 3 1 0.700
2013年 6 6 0 0.500
2014年 7 4 1 0.636
2015年 5 8 0 0.385
2016年 7 5 0 0.583
2017年 7 5 0 0.583
2018年 5 7 1 0.417
2019年 8 4 0 0.667
通算 75 57 3 0.568

 

00年代後半~10年代前半、DeNA戦(横浜含む)は、相性の良いカードでした。

2008年~2014年まで7年連続で勝ち越しを決めています。

2009年~2012年に至っては、横浜ベイスターズにしか勝ち越していません。

なぜか、どの選手も横浜戦では大活躍するんですよね・・・

親会社がDeNAとなってから、球団戦略も集客も大成功をおさめています!

近年の対戦成績は、拮抗していますね。

来年以降も、カープにとって強力なライバルであることは、間違いありません。

 

阪神

2009年 4 7 0 0.364
2010年 4 9 0 0.308
2011年 6 5 0 0.545
2012年 4 3 2 0.571
2013年 5 7 0 0.417
2014年 6 4 0 0.600
2015年 6 4 0 0.600
2016年 8 5 0 0.615
2017年 8 3 1 0.727
2018年 8 5 0 0.615
2019年 7 5 0 0.583
通算 66 57 3 0.537

 

阪神といえば、昔から投手陣が盤石なチームですよね。

阪神投手陣が打てず、勝てない試合がいくつもありました。

特に能見投手が全く打てず、何度も苦い思いをしました・・・

どれだけコテンパンにやられたんだろうか・・・

と思ったので、マツダスタジアムの能見投手の勝利数を調べてみました。

結果は、13勝(11敗)でした。

あれ?意外と傷が浅い・・・

完封負けなど、負けた時の印象が強いだけだったのでしょうか・・・?

中日

2009年 4 8 0 0.333
2010年 6 9 0 0.400
2011年 6 5 1 0.545
2012年 4 7 1 0.364
2013年 5 7 0 0.417
2014年 7 4 0 0.636
2015年 6 2 1 0.750
2016年 10 2 0 0.833
2017年 10 2 0 0.833
2018年 8 5 0 0.615
2019年 10 2 0 0.833
通算 76 53 3 0.589

 

セリーグ5球団の中で、勝率が一番いいカードは中日戦でした。

2014年以降、高い勝率をおさめています。

思い返してみても、中日戦は何度も観戦していますが、現地観戦した試合で負けた記憶がありません。

たまたまだと思いますが・・・

カープは、ナゴヤドームで相性が良くないだけに、まさに内弁慶シリーズとなっています。

ヤクルト

2009年 5 7 0 0.417
2010年 6 6 0 0.500
2011年 3 8 1 0.273
2012年 5 7 0 0.417
2013年 6 6 0 0.500
2014年 8 4 0 0.667
2015年 6 6 0 0.500
2016年 11 2 0 0.846
2017年 10 3 0 0.769
2018年 9 2 0 0.818
2019年 4 9 0 0.308
通算 73 60 1 0.549

 

今シーズンのヤクルト戦は、勝てませんでしたね。

昨シーズンまでの勝率がウソのようでした。

2011年も今シーズンと同じような勝敗になっていますが、その後は持ち直しています。

なので、来年以降の巻き返しに期待したいところです。

記憶に新しいとは思いますが、2018年の初の地元胴上げとなった試合がヤクルト戦でしたね。

まとめ

『マツダスタジアムのボルテージが凄い!』『ファンの声援が力になる』という声は何度も耳にしたことがあると思います。

2009年オープン直後の成績と近年の成績を比較すると、一目瞭然でした。

強くなったからファンが増えたのかもしれません。

それでも、ホームグランドでこれだけの成績を残しているカープ。

間違いなく、地の利を活かしていると思います。

これからもマツダスタジアムでたくさん勝ちを届けてもらえるよう、しっかり応援したいものですね!

 

がんばれカープ!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました