【カープ】歴代助っ人外国人の国籍データ|最多はやはり○○だった!

 

こんにちは、鎧谷つかさです

 

海を渡ってやってくる助っ人外国人選手たち。

チームのウィークポイントを短期的に補ってくれる姿は、文字通り『助っ人』ですね。

カープは他球団と比較して、助っ人外国人の発掘が上手いと言われています。

その発掘先を歴代の助っ人外国人の国籍から探ってみました。

どのような傾向になったのか、一緒に確認していきましょう!

集計は日系人を除いています。年代の分類は入団年を基準とします。
スポンサーリンク

年代別 歴代助っ人外国人一覧

1970年代

選手名 国籍 ポジション 在籍期間
ソイロ・ベルサイエス キューバ 内野手 1972年
トニー・ゴンザレス キューバ 外野手 1972年
ミッキー・マクガイア アメリカ 内野手 1973-1974年
ジム・ヒックス アメリカ 外野手 1973-1974年
ゲイル・ホプキンス アメリカ 内野手 1975-1976年
リッチ―・シェーン アメリカ 外野手 1975-1976年
エイドリアン・ギャレット アメリカ 外野手 1977-1979年
ジム・ライトル アメリカ 外野手 1977-1982年

 

鎧谷つかさ
鎧谷つかさ

今では見慣れないキューバ選手が在籍していたんですね!

1980年代

選手名 国籍 ポジション 在籍期間
マイク・デュプリー アメリカ 外野手 1980年
アート・ガードナー アメリカ 外野手 1981-1982年
レスリー・フィルキンス アメリカ 外野手 1983年
ティム・アイルランド アメリカ 内野手 1983-1984年
デーブ・レーシッチ アメリカ 投手 1984年
ランディ・ジョンソン アメリカ 内野手 1987-1988年
リック・ランス アメリカ 内野手 1987-1988年
ウェイド・ロードン アメリカ 内野手 1989-1990年
ロッド・アレン アメリカ 外野手 1989-1991年

 

鎧谷つかさ
鎧谷つかさ

これはグラフにする意味があったんでしょうか・・・(自問自答)

1990年代

選手名 国籍 ポジション 在籍期間
マイク・ヤング アメリカ 外野手 1990年
タイラー・リー・バークレオ アメリカ 外野手 1991年
アンヘル・バウチスター ドミニカ 投手 1992年
マリオ・サンギルベルト ドミニカ 投手 1992年
ルイス・ペレス ドミニカ 内野手 1992年
マーティー・ブラウン アメリカ 外野手 1992-1994年
ロビンソン・チェコ ドミニカ 投手 1992-1993年
1995-1996年
フェリックス・ペルドモ ドミニカ 内野手
投手
1992年
1996-1999年
ルイス・メディーナ アメリカ 内野手 1993-1995年
カルロス・リベラ ドミニカ 投手 1994年
フェリックス・ラミーレス ドミニカ 投手 1995-1996年
アルフォンソ・ソリアーノ ドミニカ 内野手 1996-1997年
ルイス・ロペス アメリカ 内野手 1996-1997年
2000-2002年
ティモ・ペレス ドミニカ 外野手 1996-1999年
フランシスコ・デラクルーズ ドミニカ 投手 1996年
アントニオ・グスマン ドミニカ 投手 1997-1998年
ホセ・マルティネス ドミニカ 投手 1997年
アレファンドロ・ケサダ ドミニカ 外野手 1998年
ネイサン・ミンチ― アメリカ 投手 1998-2000年
エディ・ディアス ベネズエラ 内野手 1999-2002年
エジソン・レイノソ ドミニカ 投手 1999-2000年
リック・デハート アメリカ 投手 1999年

 

鎧谷つかさ
鎧谷つかさ

カープアカデミーで、一気にドミニカ勢が台頭した時代です。

マーティー・ブラウン元監督の名前もありますね。懐かしい!

2000年代

選手名 国籍 ポジション 在籍期間
クリストファー・カンバーランド アメリカ 投手 2000年
ジェフ・ボール アメリカ 内野手 2000年
サルバトーレ・ウルソ― アメリカ 投手 2000年
アンヘル・ブリトー ドミニカ 外野手 2000-2001年
エリック・ラドウィック アメリカ 投手 2000-2001年
エリック・シュールストロム アメリカ 投手 2001-2002年
ティム・ヤング アメリカ 投手 2001年
ロブ・スタニファー アメリカ 投手 2002年
リゴ・ベルトラン メキシコ 投手 2002年
ラモン・ラミーレス ドミニカ 投手 2002年
ナタナエル・マテオ ドミニカ 投手 2002年
アラン・ニューマン アメリカ 投手 2003年
デビッド・ランドクィスト アメリカ 投手 2003年
ジミー・ハースト アメリカ 外野手 2003年
アンディ・シーツ アメリカ 内野手 2003-2004年
クリス・ブロック アメリカ 投手 2003-2004年
トム・デイビー アメリカ 投手 2003-2004年
2005年
グレッグ・ラロッカ アメリカ 内野手 2004-2005年
ジョン・ベイル アメリカ 投手 2004-2006年
2010年
マーク・ワトソン アメリカ 投手 2004年
フアン・フェリシアーノ ドミニカ 投手 2004-2006年
マイク・ロマノ アメリカ 投手 2005-2006年
ケニー・レイボーン アメリカ 投手 2005年
江スターリン・フランコ ドミニカ 内野手 2005年
ショーン・ダグラス アメリカ 投手 2006-2007年
ビクトル・マルテ ドミニカ 投手 2006-2008年
ジャレッド・フェルナンデス アメリカ 投手 2007年
エスマイリン・カリダ ドミニカ 投手 2007年
アレックス・オチョア アメリカ 外野手 2007-2008年
コルビー・ルイス アメリカ 投手 2008-2009年
ベン・コズロースキー アメリカ 投手 2008-2009年
スコット・シーボル アメリカ 投手 2008-2009年
マイク・シュルツ アメリカ 投手 2008-2011年
ジム・ブラウワー アメリカ 投手 2008年
スコット・ドーマン アメリカ 投手 2009年
ディオーニ・ソリアーノ ドミニカ 投手 2009-2011年
スコット・マクレーン アメリカ 内野手 2009年
アンディ・フィリップス アメリカ 内野手 2009年

 

鎧谷つかさ
鎧谷つかさ

シュールストロム駐米スカウトの名前が出てきました。

「シュール便」の名で、数々の名選手を発掘し、来日させています。



2010年代

選手名 国籍 ポジション 在籍期間
ジャスティン・ヒューバー オーストラリア 内野手 2010年
ジェフ・フィオレンティーノ アメリカ 外野手 2010年
ジオ・アルバラート プエルトリコ 投手 2010-2011年
ウィルフィレーセル・ゲレロ ドミニカ 投手 2010-2011年
エリック・スタルツ アメリカ 投手 2010年
ヴィニー・チューク アメリカ 投手 2010年
チャド・トレーシー アメリカ 内野手 2011年
デニス・サファテ アメリカ 投手 2011-2012年
ブライアン・バリントン アメリカ 投手 2011-2014年
ブライアン・バーデン アメリカ 内野手 2011-2012年
ニック・スタビノア アメリカ 外野手 2012-2013年
キャム・ミコライオ アメリカ 投手 2012-2014年
ブラッド・エルドレッド アメリカ 内野手 2012-2018年
ミゲル・ソコロビッチ ベネズエラ 投手 2013年
フレッド・ルイス アメリカ 外野手 2013年
キラ・カアイフエ アメリカ 内野手 2013-2014年
ザック・フィリップス アメリカ 投手 2014年
ライネル・ロサリオ ドミニカ 外野手 2014-2015年
デュアンテ・ヒース アメリカ 投手 2014-2015年
マイク・ザガースキー アメリカ 投手 2015年
ヘスス・グスマン ベネズエラ 内野手 2015年
クリス・ジョンソン アメリカ 投手 2015-
サビエル・バティスタ ドミニカ 外野手 2015-
アレハンドロ・メヒア ドミニカ 内野手 2015-
ネイト・シアーホルツ アメリカ 外野手 2015年
エクトル・ルナ ドミニカ 内野手 2016年
ジェイソン・プライディ アメリカ 外野手 2016年
ブレイディン・ヘーゲンス アメリカ 投手 2016-2017年
ジェイ・ジャクソン アメリカ 投手 2016-2018年
スティーブ・デラバー アメリカ 投手 2016年
ライアン・ブレイシア アメリカ 投手 2017年
ラミロ・ペーニャ メキシコ 内野手 2017年
レオネル・カンポス ベネズエラ 投手 2018年
ジョアン・タバーレス ドミニカ 投手 2018年
ヘロニモ・フランスア ドミニカ 投手 2018-
ジョニー・ヘルウェグ アメリカ 投手 2018-2019年
カイル・レグナルト アメリカ 投手 2019年
ケーシー・ローレンス アメリカ 投手 2019年
フアン・サンタナ ドミニカ 内野手 2019年
アルフレッド・メナ ドミニカ 投手 2019-
エマイリン・モンティージャ ドミニカ 投手 2019-

 

鎧谷つかさ
鎧谷つかさ

オーストラリアやプエルトリコ出身の選手が新しく出てきました。

記憶に残っている助っ人外国人も多くいたのではないでしょうか?

 

まとめ

最終結果はこのようになりました。

  1. アメリカ ・・・ 47人
  2. ドミニカ ・・・ 25人
  3. ベネズエラ ・・・ 4人
  4. キューバ ・・・ 2人
  5. メキシコオーストラリアプエルトリコ ・・・ 1人

 

最多はアメリカでした。

当然の結果といえば、その通りですね・・・

近年ではドミニカ勢も活躍していますが、さすがベースボール発祥の国です。

キューバ選手はソフトバンクや中日で活躍している印象です。

カープでキューバ国籍の選手を見かけることはありませんね。

ですが、まさか1970年代には既に2人の選手が入団していたとは驚きました。

今シーズンは既に、DJ・ジョンソン投手とホセ・ピレラ選手と契約を結びました。

助っ人外国人の力なくして、『優勝』はありません

歴代の助っ人外国人選手を思い出すとともに、これからの日本でプレーする選手たちの活躍を期待したいものですね。

一緒に応援していきましょう!

 

がんばれ助っ人! がんばれカープ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました