【カープ】2019年度決算報告|売上高と純利益を過去と比較

 

こんにちは、鎧谷つかさ@B5pKUteU1CYpJBMです。

 

カープは、2020年3月23日に株主総会を開き、2019年度の決算を承認しました。

決算報告の内容を抜粋し、売上高や純利益については、過去との比較も紹介します。

 

スポンサーリンク

株式会社広島東洋カープの会社概要

会社名 株式会社広島東洋カープ
事業内容 サービス業
所在地 広島県広島市南区南蟹屋二丁目3番1号
マツダスタジアム内
設立日 1956年1月
代表 松田 元
資本金 3億2400万円

 

2019年度の決算内容

  • 売上高・・・ 169億225万円▲20億4,000万円
    8年ぶりの減収
  • 当期利益・・・ 4億8,726万円▲4億4,300万円

 

特記事項

  • 入場料収入57億9,500万円▲2億5,000万円
    2018年より主催試合が1試合減+4位敗退が要因(CS未開催)
  • グッズ収入36億4,400万円▲12億2,400万円
    2018年は優勝記念グッズや新井貴浩さん引退特需があった
  • 当期利益は3年連続で減益
    初優勝した1975年から続く黒字経営は45年間継続中

 

過去の売上高と純利益比較

 

特記事項

  • 2009年にマツダスタジアムが開場し売上、利益ともに増加
  • 初のCS進出(2013年)を果たした翌年の2014年から売上増加傾向
  • 25年ぶりに優勝した2016年は、過去最高の売上高
  • 純利益の過去最高は、3連覇を達成した2018年

 

2019年度(第64期)決算公告

※2020年4月14日更新

 

 

まとめ

3連覇中とは異なり、4位で終わったことで優勝記念グッズの販売や地元CS開催ができず、売上・利益ともに落ち込みました。

2020年度は、コロナウイルス感染拡大の影響で開幕延期を余儀なくされ、減収が間違いない状況です。

カープは親会社を持たない独立採算制をとる球団なので、黒字は絶対条件です。

かと言って、選手の年俸を抑えるにも限界がありますので、選手流出という暗黒時代の苦い思い出が嫌でも蘇ってきます・・・

長年のファンからすると、早くも2020年度の決算報告がどのような内容になるのか興味深いはずです。

しっかりと見守っていきましょう!

 

鎧谷つかさ
鎧谷つかさ

皆さんもご存知の通り、カープはお金にはとてもシビアな球団なのです・・・

 

がんばれカープ! 踏ん張れカープ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました