【カープ】2020年8月7日(金)vs阪神|試合結果と戦評

 

2020年8月7日のスコア

 

2020年8月7日のスタメン

 

戦評

ピースナイターとして開催された一戦

1軍初昇格初スタメンの羽月が2番・セカンド、今季初のベンチスタートとなった鈴木誠など注目ポイント多数のスターティングラインナップとなった

初回、フォアボールで出塁した西川を1塁に置いて、羽月が送りバントを決めて1アウト2塁とする

3番の堂林は三振に倒れたものの、4番の松山がタイムリーを放って1点先制

続く坂倉がツーベースで繋ぐと、6番・ピレラがショートへのタイムリー内野安打で2-0とした

2回、1アウト1塁3塁から羽月のセーフティースクイズがタイムリー内野安打(自身プロ初安打)となって3-0

さらに2アウト1塁2塁となって、松山が3号3ランを放って6-0

3回、先発の森下は近本のタイムリーで1点を失って6-1

5回表、森下は中谷と近本にタイムリーを打たれて6-3

福留のセカンドゴロの間にさらに1点を失って6ー4

5回裏、2点差に詰め寄られたカープは、2アウト1塁2塁のチャンスを作ると羽月がプロ初長打となるライトオーバーの2点タイムリースリーベースを放って8-4

6回、3連続フォアボールでチャンスをもらうと、代打・長野が5試合連続タイムリーとなるヒットをセンター前に運んで10-4

さらに途中出場の大盛もプロ初タイムリーを放って11-4

森下は6回6安打4失点(自責3)で交代

7回、2番手・高橋樹がサンズにタイムリーを浴びて11-5

さらに坂倉のパスボールでもう1点を失って11-6

8回と9回は、一岡DJ・ジョンソンの継投で逃げ切った

ピースナイターを11-6で快勝し、森下は3勝目を挙げた

 

ヒーローインタビュー

羽月隆太郎
1軍初昇格初スタメンに抜擢され、2本のタイムリーを含む大活躍
4打数2安打3打点

松山竜平
先制のタイムリーを含む、5打数3安打4打点1ホーマーの活躍

 

順位表

2020年8月7日の順位表

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました