【カープ】2020年8月6日(木)vsヤクルト|試合結果と戦評

 

2020年8月6日のスコア

 

2020年8月6日のスタメン

 

戦評

先発のK.ジョンソンは今季初勝利を目指して6度目の登板

初回、K.ジョンソンは1アウト2塁から青木にタイムリーを打たれてあっさりと先制される

2回、坂口のダブルプレーの間に0-2

2点ビハインドで迎えた3回、1アウト満塁で西田に2点タイムリーを浴びて0-4

なおも、1塁2塁となって堂林のエラー絡みで5点目を献上

K.ジョンソンは3回7安打5失点(自責4)でKO

4回、ヤクルト先発の高橋から松山がバックスクリーンリーンへ突き刺す2号ソロホームランを放って1-5

さらに菊池涼も4号2ランホームランを放って3-5

5回、長野が4試合連続打点、5試合連続マルチヒットとなる2号ソロホームランを右中間スタンドへ運んで4-5

7回表、マクガフから2アウト2塁のチャンスを作ると、4番の鈴木誠が同点タイムリーを放って、ついに5点差を追いつく

7回裏、5番手の薮田が先頭打者の井野にいきなりスリーベースを打たれる

ノーアウト3塁で廣岡に犠飛を打たれて5-6

さらに、坂口、塩見に連続タイムリーツーベースを浴びて5-8

8回、6番手のDJ・ジョンソンが1アウト3塁から井野にスクイズを決められて5-9

9回、1アウト1塁から長野のライナー性の当たりは地面スレスレでセカンドの宮本が捕球

宮本は2塁へ送球し、ベースカバーに入ったエスコバーは1塁へ転送

ダブルプレー成立で試合終了と思われた

しかし、佐々岡監督が1塁ベース帰塁した堂林のアウト判定についてリクエスト

審判団がリプレー検証を行った結果、判定が覆って1塁ランナーの堂林はセーフとなり2アウト1塁で試合再開

堂林はワイルドピッチなどで3塁まで進んだものの、鈴木誠が倒れて試合終了

序盤ビハインドを背負いながら打線の粘りで同点まで追いついたものの、5番手の薮田が誤算だった

5-9で敗れたカープは、今季初の同一カード3連勝を逃した

 

順位表

2020年8月6日の順位表

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました