【カープ】2019年7月15日(月・祝)vsDeNA|試合結果と戦評

 

 

 

戦評

初回、ノーアウト満塁で鈴木の2点タイムリーツーベース、松山のタイムリー、會澤のダブルプレーの間に3塁ランナーの鈴木がホームインして4-0

3回表、2アウト2塁3塁で、會澤のタイムリーで1点追加すると、続く安部もタイムリーを放って6-0

3回裏、ここまで好投の九里が、筒香への押し出しフォアボールとソトの2点タイムリーツーベースで6-3

九里は、6回を6安打3失点の粘投

九里今村レグナルトと繋いで、3点差のまま最終回へ

9回表、2アウト満塁のチャンスで、代走から出場した曽根がレフト前に落ちる2点タイムリーを打って8-3

9回裏のマウンドに上がったフランスアは、細川に2ランホームランを浴びるが、逆転は許さなかった

8-5で逃げ切ったカープは、連敗を11でストップさせた

記録

今村猛
2番手で登板してホールドを挙げ、球団新記録となる通算111ホールドを樹立
横山竜士が持っていた110ホールドの球団記録を5年ぶりに更新した

ヒーローインタビュー

九里亜蓮
6回6安打3失点で勝利投手となり、連敗をストップさせた

【関連】2019年ヒーローインタビューの回数ランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました